「ながら運転」の罰則強化、ドライバーの責務を考えよう

2019年12月1日より、運転中のスマートフォンや携帯電話操作に関する

罰則が強化されました。警察庁のデータによると、

平成30年中の携帯電話の使用等による交通事故は、2790件で、

過去5年間で1.4倍に増加。そのうち死亡事故率は、

携帯電話等の使用なしと比べて、約2倍の差があるそうです。

 

これを受け、強化された罰則。対象は、自動車と原動機付自転車です。

 

罰則、反則金、違反点数ともに引き上げられ、「ながら運転」によって

交通事故を起した場合は、免許停止となり、懲役刑にもなりえます。

 

この「ながら運転」は、携帯電話に限ったことではありません。

私たちの生活に欠かせなくなったカーナビも、注視することで罰則の対象となります。

 

次はどこで曲がるのか、どこで高速を降りるのか、運転に不慣れな人ほど、ナビを見て、

考えながら運転している方も多いはず。ただ、それが危険運転につながる

ということを、是非、念頭においていただければと思うのです。

 

「注視」という時間がどの程度なのか、明確な定義はされていませんが、

一般的には「2秒を越えて画面を見続けること」とされています。

(カーナビ事業者に向けた国家公安委員会の告示より)

 

時速60キロで走行している場合、少し目を離した2秒間に進む距離は、30m強。

時速40キロでも20m。その間に、歩行者の道路の横断や、不足の自体が起これば、

対応は難しいでしょう。走行中は携帯電話を使わないのはもちろんのこと、

緊急事態やナビの画面をよく確認したい場合には、一度停車するという

心と時間の余裕を持つことが、ドライバーにできることであり、また、

自分自身を守ることにもつながるのではと思います。

 

もちろん、赤信号で停車中だからといって、ハンズフリー機能を搭載

しているからといって、よく知っている道だからといって、

人通りが少ないからといって、油断は大敵。運転になれている方こそ、

今一度、この罰則強化を良いきっかけとし、

普段の運転を見直してみてはいかがでしょうか!!

 

 

59C21C0B-CA2D-4954-A18F-189F4A76DFD6

 


カートップ情報

岡山の車買取ならお任せ下さい!真・岡山の車全部買い取るプロジェクト始動!車に注いだこだわり・愛情・思い出を買取価格にプラスして、どこよりも高く買い取り致します!

中古車の仕入れから販売まで、随所にこだわるカートップの豊富な品ぞろえ、メーカー各種取り扱っております!お得な情報を随時更新しておりますので、要チェック!

会社案内
URL
ホームページ(http://www.cartop.co.jp/)
フェイスブック(https://www.facebook.com/cartop.okayama/)
インスタグラム(https://www.instagram.com/cartop.okayama/)
TEL
0120-099-102
グループ企業
双葉車輌株式会社(http://www.futaba-car.jp/)
軽自動車.com(http://www.kei4car.com/)

【大きい地図で表示する】

車でお越しの場合

お車でお越しの際には、国道2号線からご来店頂くルートが最もわかり易いルートになっています。

車でお越しの場合

<倉敷方面よりお越しの場合>

国道2号線を姫路方面へ走行。青江交差点(側道)を越えてすぐ側道(左出口)へ。バイパス青江交差点でUターンして側道をまっすぐ走れば左手に入口があります。

<姫路方面よりお越しの場合>

国道2号線を倉敷方面へ走行。右手にパチンコ店「VIRGIN」さんが見えたところで側道(左出口)へ。そのまま側道をまっすぐ走れば左手に入口があります。

新幹線でお越しの場合

遠方からのご来店頂く機会も多くなりました。各方面よりJR岡山駅までお越しいただくか、JR岡山駅到着予定時刻を前もってお伝えいただければ、無料で送迎させて頂きます。

ご連絡は0120-099-102までお願いします。

(参考:主要駅からの所要時間)
東 京-岡山間:約3時間30分 / 博多-岡山間:約1時間50分
名古屋-岡山間:約1時間40分 / 熊本-岡山間:約2時間15分
新大阪-岡山間:   約45分  / 鹿児島中央-岡山間:約3時間

新幹線でお越しの場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です